歯が黄ばんでいる理由と改善方法

あなたの歯が黄ばんでいる理由と改善方法

私達が生活する日常には、歯を黄色に変色させてしまうさまざまな原因が存在します。
1つは、加齢により歳をとることで、歯の表面の白い部分であるエナメル質が薄くなり、そのエナメル質の内側に存在する茶色の層である、『象牙質』という部分が透けて見えるようになるからです。
この象牙質というのは、加齢により茶色の色が濃くなっていきますので、歯に異常がなくても、歯が黄ばんでいるように見えてしまうのです。
また、紅茶や日本茶、ワインやコーヒー、コーラやカレーという、色の濃い食べ物や飲み物は、歯に色が付きやすい特徴があります。
これらの汚れというのは、歯のエナメル質の表面から侵入し、深い部分まで入り込んでしまいます。

 

深く入り込んだ黄ばみの原因は、歯みがきを丁寧にしても落とすことができず、どんどん蓄積されていきます。
残念ながら、普通に歯みがきをしているだけでは、どうすることもできない問題なのです。

 

『茶渋』の付いたコーヒーカップを必死に磨いても、なかなか汚れは落ちませんよね?
あなたの歯にも、同じ事が起きているのです。
これは、タバコのヤニも同様です。

 

何年もタバコを吸い続けている場合は、しっかり歯みがきをしたとしても、ヤニがエナメル質にこびり付いてしまっています。
自分では確認することが難しいですが、前歯の裏や奥歯の後ろというのは、あなたが思っている以上に、汚い状態になっている場合も多いものです。

 

これまでご紹介したのは、外部からの原因による歯の黄ばみの原因です。

歯が黄ばむ原因は、他にもあります。

歯の治療などで『神経』を抜いてしまうと、時間が経つにつれて歯が変色してきます。
この場合にも、黄色や茶色に変色したり、黒ずんで見えるようになったりします。
他にもさまざまな原因がありますが、一般的には、これらの理由により歯が黄ばんでしまうのです。

 

黄ばみの原因は、しっかりと歯磨きをしても防ぐことができないものも多く、諦めるしかないと思ってしまいますが、実は最近では、これらの汚れや黄ばみの原因をしっかりと除去する成分が開発されたりもしているんです。
歯のエナメル質の構造を変化させることにより、象牙質を透けなくさせる技術も有名になってきましたね。
歯の黄ばみを治す方法について調べている方であれば、1度は耳にしたことのある言葉かと思います。

歯の黄ばみを治す方法

歯科医院で行う、本格的なホワイトニングは、「過酸化水素」や「過酸化尿素」の成分を使い、歯のエナメル質の構造を変化させて、曇りガラスのように透けなくさせてしまいます。
同時にエナメル質を無色透明にしますので、美しく透けないエナメル質を手に入れることができるのです。
これにより、加齢により薄くなってしまったエナメル質であっても、象牙質が透けることがないので、白く美しい歯になるのです。
歯科医院で行う本格的なホームホワイトニングは、好みの白さになるまで続けることで、かなりの白さの歯を手に入れることができます。
ですが、多くの場合は本格的なホワイトニングを行わなくとも、市販で販売されているホームホワイトニング剤を使用するだけで、歯の黄ばみの原因である汚れをキレイに落とすことが可能です。

 

ですが、多くの場合は本格的なホワイトニングを行わなくとも、市販で販売されているホームホワイトニング剤を使用するだけで、歯の黄ばみの原因である汚れをキレイに落とすことが可能です。

 

白いマジックで書いたような真っ白な歯にはなりませんが、自然な感じの白い歯を復活させたい場合には、一度、市販のホームホワイトニング剤を使用してみてはいかがでしょうか?
記事の最初の方にて解説しましたが、最近では歯の汚れをビックリするほどよく落とす成分が何種類も開発されています。

 

歯の黄ばみを取る方法